シンプルなレシピの、イタリアのパン「チャバタ」(ポールのレシピ)

おすすめレシピ > ブリティッシュベークオフ > シンプルなレシピの、イタリアのパン「チャバタ」(ポールのレシピ)

シンプルなレシピの、イタリアのパン「チャバタ」(ポールのレシピ)

チャバタとは、イタリアの北部で生まれたパン。水を入れすぎてしまったけれど、おいしいパンができたことが始まりだそうです。

ciabatta14.png


チャバタとは、イタリア語でスリッパ。長くて平べったいカタチがスリッパに似ているところから、この名前がついたとか。レシピはシンプルですが、ちょっとコツが必要です。


食感が軽くて、サンドイッチにしたり、ソースをつけて食べたりできる、日本でも人気のパン!外側は固く、内側には気泡があります。ポールさんのお気に入りのレシピだそうですよ。


◆材料(4本分)


・強力粉 500g
・インスタント ドライイースト 10g
・塩 10g
・水 440ml
・小麦粉、ポレンタ粉、セモリナ粉 各適量


◆作り方レシピ


(1)ボールに強力粉、ドライイースト、塩を順に入れたら、水の3/4を入れる。(塩とイーストは離して入れる。イーストは塩で働きが遅くなるため)


(2)キッチンエイド(ドウフック)で、最初はゆっくり混ぜて、残りの水を入れたら速度を上げる。(キッチンエイド/ミキサーでは15分ぐらい混ぜる。)

ciabatta1.png


(3)生地にグルテンができて、生地を手でぶらさげたら、延びればOK。四角い深い容器(3リットルの容器)の内側にオリーブオイルを手でしっかり塗りこみ、生地を入れて蓋をし、容器一杯に生地が膨らむのを、ゆっくり待つ。

ciabatta16.png

ciabatta3.png


(4)生地が容れ物の上まで充分膨らんだら、台に小麦粉とポレンタ粉をふる。生地をその上に(中央に)ゆっくり出す。空気をつぶしたくないので容器は振らないように。重力にまかせて粉の上に出す。何となく四角い形に生地がなるようにする。(とても柔らかくベタベタした生地なので注意)

ciabatta4.png

ciabatta5.png

ciabatta13.png


(5)セモリナ粉と小麦粉を少しふって、表面のオイルを吸わせる。天板の上にもセモリナ粉をふる。

ciabatta6.png


(6)生地を横に4つに切って、それぞれ90度ころがしたら、そっと天板の上に置く。

▼切り口が上に来るようにころがす。切り口はふたつあるものもある

▼ボールは、おおきな金属のスケッパー状の物でカットしていた

ciabatta8.png

ciabatta7.png

(7)天板で30~45分寝かせたら、220℃で20~25分焼く。パリッときつね色になる。(艶出しのタマゴなどは不要)

ciabatta9.png

ciabatta10.png

ciabatta11.png

ciabatta12.png

ciabatta15.png

▼焼きあがって少し冷ましたら、食べられます。

▼生地の中に気泡がちゃんと出来れ入れば、上出来です!


◆このページを見てくださった方に、最近の私のお気に入り食材店をご紹介!ブラッドオレンジジュース、安くておいしいイタリアワイン、たくさん買うとお得なパルメザンなどのチーズ、パスタ、各種トマトソースやオイル、生ハム、ポルチーニ、ドライトマト、ホタテなどを買っています。オーガニックもありますよ。良かったら、チェックしてみてください。
>> おいしい食材がいっぱいの楽天通販ショップ「トスカニ―」は、こちら!
[ちなみに、決してお店のまわしものではありません!念のため(笑 ]

関連記事

  1. ロックフォールチーズとくるみ入りの、ライ麦入りパン(ポールさんのレシピ)
  2. シンプルなレシピの、イタリアのパン「チャバタ」(ポールのレシピ)
  3. コーヒーとクルミのミニチュアサイズ・ケーキ(メアリーのレシピ)
  4. チーズに合う、パリッとした塩ビスケット(ポールのレシピ)
  5. チェリーケーキ(メアリーのレシピ)
  6. リコリスとカシスのスイスロール(ポールのレシピ)

FXのなかのFX